「FACTORY LINE」とは

愛媛県各所に広がって点在する縫製工場が、それぞれの得意技術を生かし衣服のプロトタイピングをするプロジェクトです。
ニューメソドロジーの概念のもと、時には『作る側』の視点にも立ちながらサンプルを作成し、
その後の販売に繋げていく事を目的としています。

pic1

かつての日本の繊維産業はすごかった。

日本の繊維産業は、1950 年代~ 70 年代にかけて、糸や生地を大量に生産・輸出して外貨を稼ぎ、80 年代になると国内のアパレル産業も勃興し、日本中の縫製事業者が増産に追われた。 バブルも重なった90 年代には国内衣料品の市場規模は15 兆円に達し、国産比率は50%あった。

pic2

加速する海外移管

しかし、その後はコスト低減のため、縫製工程などの海外への移管が進み、 海外で大量生産した商品を安価で販売するSPA(製造小売り)が成長した。 その結果、アパレル製品の供給では、輸入の増加に歯止めがかからず、2017 年の時点で国産比率は3% まで低下した。

pic3

愛媛県で
共同事業の確立

このような背景の中、愛媛県縫製品工業組合でも、業界を活性化させる新たな共同事業の確立 が迫られている。組合員は、製品を作ることは非常に得意であるが、デザインや販売において 大手アパレルメーカーとの力の差が大きい。

pic4

それぞれの個性を生かした
新しい挑戦

組合役員を中心とした業界側委員と外部の専門家からなる専門家委員によって委員会を構成し、 商品開発から販売までの事業について検討を行った。それぞれ規模や得意技術の異なる工場が 個性を保ちつつ「作る側」の視点にも立った商品開発をしていくプロジェクトを立ち上げるに至った。

PRODUCTS

愛媛県内の縫製工場による衣類のプロトタイピングのコレクションです。

開襟シャツ
タートルネック
袖ニットシャツ
アウトサイズT
スポーツシャツ
フレンチスリーブ
反射カットソー
反射ノースリーブ
ポロ地シャツ
ポリパーカー
ラグランストライプ
デジタルスウェット
パイルワンピ
ニットワンピ
袖ニットシャツ2
ドクターコート
ヤクのアウター
ダミーストライプシャツ
ポリチノパンツ
オフィスジャケット
オフィスパンツ
多色カットソー
デニムフードコート
デニム襟なしジャケット
デニムワイドパンツ
デニムジャケット
デニムスラックス
作業着トップス
作業着ボトムス
ワイドシャツ
ハニカム ロングシャツ
ドットシャツ
ボタンダウン シャツ
ルームウェア トップス
ルームウェア ボトムス
オリジナルニットフォーマルシャツ

Gallery

 

「FACTORY LINE」とは

愛媛県内の縫製工場による衣類のプロトタイピングのコレクションです。 素材を地域で開発したり、テクノロジーを部分的に導入することで 大きな投資のいらない小さなイノベーションを目指しています。

  • logo